戸松有葉の ショートショート1001作を目指す旅

ショートショートとAmazon電子書籍Kindle本販売の活動をしています。

1045 妹と流れ星(140文字小説)

 

 小五の妹が流れ星に願い事をしたいと言うので、俺も付き合わされた。
「流れ星なんて全然見れない!」
「粘ればいけるんじゃねーの」
 適当に言い、我慢強く待つと、ようやく流れ星が。
 妹は熱心に願っているようだ。
「で、何願ったんだ」
「中々見れないからね、流れ星が見られますようにって」

(了)

 

小五妹SS集その1

小五妹SS集その1