読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸松有葉の ショートショート1001作を目指す旅

ショートショートとAmazon電子書籍販売・配布の活動をしています。

965 最強の剣(140文字小説)

 剣は消耗品だ。すぐ補充が必要になる。そこで技術班は、絶対に折れず刃こぼれもしない剣を開発して、支給した。そのような頑丈な剣は、攻撃力という面でも優秀だ。

 扱う兵士らは戦場で活躍し……たが、

「そんな性質持たせられるなら防具にしてくれれば無敵だったのに!」

 割とよく殺された。

 

(了)