戸松有葉の ショートショート1001作を目指す旅

ショートショートとAmazon電子書籍Kindle本販売の活動をしています。

990 妹と霊の帰省

 小五の妹は率直に疑問をぶつけてきた。

「お兄ちゃん、どうしてお盆になったら霊が帰ってくるの?」

 先祖の霊が帰ってくるというのは、日本特有の考えだ。寺に墓があって坊さんがお経読んでいても、仏教そのものとは関係ない。そういうことは知っているが、どうしてなのかは俺も知らなかった。

 妹は自分なりに考えたようで、

「線香を炙りたいとか?」

「依存性ねえよ」

 先祖はみんなヤク中か。というか坊さんもみんなヤク中か。

「天下◯武道会のために?」

「毎年は無理だ、一度しか戻れない」

 ついでに霊体では戦えない。

 妹は考えに考えた末、閃いたと、

「わかった! かえれない『覆水』の代わりだよ!」

「……おう、よくわかったな」

 妹は信じ切ったようで、友達にこの発見を報せまくっていた。あーあ、もう手遅れだ。

 

(了)

 

覆水盆に返らず

覆水盆に返らず

 

 

広告を非表示にする