戸松有葉の ショートショート1001作を目指す旅

ショートショートとAmazon電子書籍Kindle本販売の活動をしています。

小五妹シリーズ

1049 妹と背水の陣(140文字小説)

小五の妹が冬休みの宿題終わらず追い込まれていた。成績的にも宿題未提出ということがあれば三学期は絶望的だろう。「お兄ちゃん、私は背水の陣で臨むよ」「そうか」 妹は格好付けて言い放っているのだが、大変おかしい。「じゃあなんで宿題やってないんだ」…

1045 妹と流れ星(140文字小説)

小五の妹が流れ星に願い事をしたいと言うので、俺も付き合わされた。「流れ星なんて全然見れない!」「粘ればいけるんじゃねーの」 適当に言い、我慢強く待つと、ようやく流れ星が。 妹は熱心に願っているようだ。「で、何願ったんだ」「中々見れないからね…

1042 妹と教科書(140文字小説)

小五の妹の宿題を見ているのだが、 「それは教科書に載ってるぞ」 妹はすぐ投げ出した。 「世の中の成功者はこんなの読んで育ってないよ!」 何を言うか。 「スポーツ選手も漫画家も、教科書で育っただろ。義務教育だからな」 「じゃあ成功しなくていい」 「…

妹と糸電話(140文字小説)

小五の妹が自宅で糸電話を作っていた。紙コップとタコ糸のシンプルなもの。 しかし友達は来ていないようだが……、まさか俺が相手させられるのか? 恥ずかしいわ、無理言うな。「あ、お兄ちゃん、ちょうどよかった。これ糸電話なんだけど、片方、アメリカまで…

妹とリモコン

小学五年生の妹が、リモコンを片手に、首を傾げて言った。「これって何のリモコンだっけ?」 俺もよくある。どれがどのリモコンかわからなくなるんだよなー。「使ってみればわかるだろ」 ボタンをしばらく押して試していると、DVDのリモコンだと判明した…

雷がこわい妹(200文字)

うちの妹は昔から雷が怖い。 以前はよく、泣きながら俺のベッドに潜り込んできていた。 そんな妹も小学五年生ともなると成長するらしい。 今日は雷の音も一段と大きかった。頻度も高い。「お兄ちゃん」 夜、俺の部屋に来た妹。だが以前とは違う。「か、雷の…

小五妹シリーズ公開開始! (&電子書籍案内)

電子書籍案内。ブログ未公開作多数含む200作以上収録。 小五妹SS集その1 作者: 戸松有葉 発売日: 2015/02/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「小説家になろう」において、シリーズものでは最も反響が大きかった小五妹シリーズを公開…