読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戸松有葉の ショートショート1001作を目指す旅

ショートショートとAmazon電子書籍販売・配布の活動をしています。

703 着信音を鳴いた

ノーマル(シリーズ外)

※一旦ボツにしたものからサルベージしてきたものです。
※「小説家になろう」時代に、はてなユーザでもある、くにさきたすくさんの二次創作フリー宣言を受けて創作したものです。


ショートショート+

 


【タイトル】
着信音を鳴いた

【本文】
 着信音が鳴った。
 正確には、着信音を鳴いた。
「メールが来やがりました」と。

「なあケータイ子、敬語が変だって何度言えばわかるんだ」
「ご主人様も、私をケータイ子などと呼ぶなと何度言えばわかりやがりますか」

 不良品を掴まされたわけではないが、何かと面倒で、俺は便利さを感じたことがない。
 そもそも、ケータイと呼んでいるが、人型であるため携帯などできはしない。
 自律歩行で後を付いてくる格好だ。

 届いたメールを読み上げてもらうことは簡単だが、ケータイ子の変な口調が失われた読み方になる――正確にメール本文を読む――ので、それはそれで違和感を覚える。
 メールは自分で読むことにした。

「なあケータイ子、乳首を押したらメールが読めるとか、そんな機能はないのか」
「あるわけないです」
「サービス不足しているよなあ」
「いいから早く額に表示されるメールを読みやがれです」

 メールは友人からの他愛もないものだった。
 返信する際も、文字を打つのに乳首を押したりはしないので、どうでもいいかと返信しなかった。

 今日も満員電車に揺られて通勤せねばならない。
 ケータイ子らのおかげで余計満員になっている。

(ほんとに狭いなぁ)

 そう毎日と同じ不満を持っていると、ケータイ子が突如、ぷるぷると震えだした。

「……うーん」

 見方によっては可哀想だ。寒さや謎の奇病で震えているようでもあるから。
 実際はただのマナーモードなのだが。

 満員電車からようやく開放される。

 マナーモードを解除してから話しかけた。ちなみにマナーモード設定でも乳首を(略

「はあ、今日も疲れるだろうなあ」
「何言ってやがりますか。私の維持費のためにも、しっかり働きやがれです」

 何がいいのか不明な、ケータイの人型化。
 しかしたった一つだけ、はっきりとした利点があった。
 俺はケータイ子がちょこちょこと後を付いてくる様子を見て、微笑む。

 ケータイの忘れ物がなくなった。

 

+++

ケータイの未来

ケータイの未来

 

 

広告を非表示にする